サブカル備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル備忘録

アニメ、映画、音楽、本

ラ・ラ・ランドはハッピーエンドなのか?

アカデミー賞最多ノミネート、といえば『ラ・ラ・ランド』が思い浮かぶであろう。

実際に、作品賞はのがしたものの、5部門で受賞している。このラ・ラ・ランドの結末については評価が分かれている。

果たして、あれはハッピーエンドなのか?バッド・エンドなのか?

※この記事にはネタバレを含みます。 

 

 



ハリウッドや映画が描いてきた夢の終わり

La-la landを辞書で調べると、「現実離れしている状態」「ロサンゼルスの愛称」と出てくる。lalalandの意味 - 英和辞典 Weblio辞書より

また、映画のキャッチコピーに「夢を見ていた」というのがある。

タイトルとキャッチコピーには二つのテーマが関係している。1つは恋愛について。もう1つはハリウッド的な映画産業についてである。

つまり、恋愛において、現実離れしており夢を見ていた。映画も、LAを目指すハリウッドドリームはまさに夢の象徴であり、殆どかなわないものであった。まずは、後者について述べる。

ハリウッドや映画の現状がこの映画には随所に含まれている。例えば、2人がデートで訪れたミニシアターは時代の流れに逆らえずに閉鎖に追い込まれる。

また、「あんなに汚いところ誰が行くのかしら?」というような映画館はもうダメだという客の会話もクローズアップされる。

ラストシーンの回想シーンでは、古き良きハリウッドで用いられていたハリボテに近いセットの前で踊る映像が用いられる。それまでのプラネタリウムでのシーンなどは素晴らしいCGに支えられているにも関わらず、である。

 

つまり、この映画は恋の終わり映画産業の衰退が重ねられている。

どちらが主軸なのかということではない。恋愛も映画産業も時代の流れによって追いつけなくなって来てしまったとこの映画では述べていると考えられる。

ただ、映画産業の復興の鍵については映画内で語られていない。しかし、叶わなかった恋の次へのつなぎ方については述べられている。詳しくは次で述べる。

 

「流動体について」とラ・ラ・ランド

話は少し変わるが、小沢健二の19年ぶりのシングル『流動体について』を発売した。

ネット上では、この歌詞の内容とラ・ラ・ランドの関連性がいくつか述べられている。

『流動体について』の歌詞の中に以下の話が出てくる。(「流動体について」より引用)

もしも 間違いに気がつくことができなかったのなら

並行する世界の僕は

どこらへんで暮らしているのかな

ラ・ラ・ランドを見た方なら、最後にある、もしこうだったら~という回想シーンを思い浮かべるであろう。ラ・ラ・ランド における幾つかの間違いによって、セバスチャンとミアは結ばれない結末になった。

一方、小沢健二は曲をこう続けている。(「流動体について」より引用)

神の手の中にあるのなら

その時々にできることは

宇宙の中で良いことを決意するくらいだろう

その時々に最善の選択肢を選ぶことくらいしか出来ないとある意味謙遜したような口調で歌う。偶然にも同じ時期に『騎士団長殺し』を出版した村上春樹によく出てくる主人公も「やれやれ」と現状を諦める

ただ、ラ・ラ・ランドでは、最後に二人が微笑むシーンで映画は終わる。この映画は村上春樹的な「やれやれ」という結末ではない。つまり、諦めではないのだ。

この笑みは、もしこうだたら~という並行世界をイメージしながらも、今があるのは過去の恋愛があったからであり、感謝しているというある意味かつての戦友に向けた笑みなのだ。

流動体について

流動体について

 

 

まとめ

 日本の恋愛を扱った作品でハッピーエンドといえば、恋が叶うこと。バッドエンドといえば失恋することを表す場合が多い。

けれども、このラ・ラ・ランドでは、恋愛はそううまくいかないことが描かれている。まさに現実だ。けれども、それも良い経験じゃないか、こうだったらという妄想ですらも糧になるではないか、という指摘を与えるものではないかと思う。

ミュージカルは夢を見せてきた。けれども、次に繋がる新しいミュージカルを自分で描けなければ単なる夢物語でハリウッドドリームのように叶わない物になってしまう。

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

 

 

 こちらの記事もオススメです

長回しだけの映画なのか? 映画「トゥモローワールド」について

映画「トゥモローワールド」を見た。この映画は映画批評家 前田有一によるサイト、超映画批評にて90点を獲得した作品である。

超映画批評『トゥモロー・ワールド』90点(100点満点中)

この映画が評価される理由はその映像にある。長回しと呼ばれる手法を駆使した臨場感あふれる映像が高く評価されている。けれども、その内容について触れたものがあまりない。

この記事はネタバレを含みます。

 

 

みんなの利益は誰の利益?

この映画の原題は"Children of Men"である。これは、この映画の原作である「人類の子供たち」"The Children of Men"を元にしている。

舞台は子どもが産まれなくなり18年が経過した世界である。子どもが生まれなくなり世界は混乱につつまれ、内戦やテロなどで壊滅状態になっている。そんな中で、主人公は子どもを宿した女性と出会う。この子どもこそが人類の希望であり、主人公はなんとかして安全なところに避難させようとする。

 

この作品ではこの女性の娘であることが強調される。人類の子供たちという原作にも関わらず、である。例えば、軍の研究機関や政府に渡ったら母子は離れ離れになるからダメだという会話がたびたび行われる。

では、この作品で描きたかったのは、本当に人類の希望の子どもについてだろうか?

 

私はこの映画で描きたかったのは全体主義に対しての批判だと思う。

この赤ん坊が合理的に生き残るために、人類みなの子供たちとして、かつてのイエス・キリストのように崇められることである。実際に、映画内で主人公が子どもを宿した女性と会うのは、キリストが生まれた馬小屋を意識してか、納屋の中である。

しかし、映画は子どもの幸せを選ぶ道をひたすら選択していく。これは全体主義によって個人の幸せが潰されることへの批判ではなかろうか。

つまり、みんなの幸せを選ぶのではなく、個人の、母親としての幸せを願うために主人公は必死になって戦うのだ。

 

アート作品から読む意図

この映画には何か不自然な形でアート作品が画面に映り込む。

その一つが、Banksyの作品である。

途中の通行証を偽造してももらうために文化庁を訪れる。その際、建物入口で、恐らく押収された作品として見かけられるのがBanksyの絵である。バンクシーはロンドンを中心に活動する正体不明のアーティストであり、町中に絵を残し社会批判を行っている実在のアーティストだ。

映画内に登場する彼の作品は、男性の警察官同士がキスをする絵だ。

f:id:machidaneko1:20170225014241p:plain

Banksy Kissing Coppers Police by Banksyより

もちろん批判の対象はこれを認めない社会であり、取り締まる側である警官がキスをしているからこそ批判力がある。だが、この映画の中でLGBTの話は一つもなされない。

この絵が映画に出てくることの意味はなんだろうか?

LGBTを許さない、多様さを排除しようとする世界に対しての批判ではないだろうか。

この映画の中で、イギリスへの不法移民は収容所行きにさせられ、隔離地区に住まわせられる。しかも、テロとの戦いという名目でイスラム教徒も白い目で見られている。

まさに、多様性を排除する方向に向かう世界の話だ。今の世界情勢にピッタリな作品とも言える。

Wall and Piece

Wall and Piece

 

 

まとめ

この映画が公開されたのは、2006年である。まさにこれはイギリスのEU離脱やトランプの移民政策など今の世界情勢の批判とも言える。

全体主義よりも個人の幸せを考えるというのは理想主義でもある。

けれども、全体主義が行き過ぎた結果として、多様性を排除する方向につながるのなら、それは去勢されるべき事実なのだと思う。

 

こちらの記事もオススメです

「複製された男」から見る難解な映画

世の中には難解な映画が数多くある。

例えば、「複製された男」もその一つだ。僕自身、見終わった後、何一つわからなかった。

この記事は、もちろん難解な映画の解釈も含むが、難解な映画とは?という広い話も提示できたら、と思う。

なお、この記事はネタバレを含みますので、まだの方は見終わってから読むと良いです。ちなみに、Netflixで見れます。

 

 


基本的な解釈

まず、前提としてこの「複製された男」というタイトルはフェイクである。

洋画が日本に来る時に変な和訳を付けられることがある。この映画の原題は"ENEMY"である。

主人公は大学教授のアダム、自分とそっくりな俳優のアンソニーを見つけるところから話は始まる。

この二人こそがENEMYであり、アダムから見たアンソニーであり、アンソニーから見たアダムである。

 

ネット上の解釈では、このそっくりな二人は同一人物であるという解釈が主流なようだ

ジキルとハイドのような二重人格ではなく、この映画そのものが心象風景を描く手法のため、現実と夢の境目が曖昧な作品だと言える。

そう考えてみれば、納得できる箇所は多く存在する。

また、映画の中で度々出てくる蜘蛛も、何かの暗示と捉えられるだろう。

途中で出て来る蜘蛛は明らかにルイーズ・ブルジョワの「ママン」を意識しているだろう。六本木にある大きな蜘蛛の像といえばピンとくる人も多いと思う。

ママンという名前の通り、蜘蛛は映画の中で母親の象徴である。

この映画を見る上でのキーワードは、「人間の二面性映像は必ずしも真実ではない母親」ではなかろうか。

 

詳細な解説は、以下のリンク先に詳しくまとまっている。


映画に登場するビル群とそれが指すもの

この映画のもう一つの特徴は、映像で不気味に映るビルなどの建築物だ。

例えば、うねるような外観の高層ビル、アブソリュートタワーだ。

このビルは別名、マリリンモンロービルと呼ばれている。

その理由はビルのシルエットが女性の柔らかさに見えるからである。


この映画には、このビルのカットが多く出てくる。

これは、女性がこの映画にとってキーになるからではないか。

蜘蛛=母親の象徴ということを踏まえると、母親になろうとする女性(ヘレン)母親になれない不倫してしまう女(メアリー)の対比も見えてくる。

 

難解な映画の謎解き

大半の「難解」と言われる映画は、解釈を観客にゆだねるスタイルである。つまり、正解が示されない。

これは、「難解」というよりも自由に考えられる映画だと捉えることもできるのではないだろうか?

コナンくんのように真実は一つと明らかにすることも重要だが、多様な解釈ができる映画もまた魅力的だと思う。

 

こちらの記事もオススメです