サブカル備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル備忘録

アニメ、映画、音楽、本

BIGMAMAという王国

BIGMAMAというバンドがいる。彼らはボーカル、ギター、ベース、ドラム、バイオリンからなる5人組ロックバンドだ。

ひと目で分かる、他のバンドとの違いは、バイオリンがいることだろう。だが、今回はそういう形だけの話ではなく、BIGMAMAのライブやファンについて書く。

 

 

The Vanishing Bride (初回限定盤)

The Vanishing Bride (初回限定盤)

 

 

BIGMAMAのライブで歌うことはオタ芸である

彼らのライブの特徴は一体感を生み出すことだ。

例えば分かりやすいのは、"until the blouse is buttoned up"という曲におけるタオル上げだ。

 

 

この曲のイントロで、王子はタオルをあげるように言う。フェスであればどんなアーティストのタオルでもいいからともかく挙げろと言われる。つまり、同じ行為をさせることで一体感を与える。これは、フェスで一体感とか言われるはるか昔からBIGMAMAがやってきたことだ。

 

もう一つ、BIGMAMAのライブにおける一体感を生み出す特徴は、お客さんが歌うパートがいくつかの曲に見られる。これは何もBIGMAMAのライブに限らず、多くのライブで見られる。

例えば、アイドルで考えれば分かりやすいだろう。アイドルにはヲタ芸がある。あのオタ芸は、アイドルとの共犯関係を生み出している。アイドルの現場でファン同士が親密であるのは、このオタ芸によりライブという体験を共感しているからだ。

 

これと同じことが、BIGMAMAのライブでは、歌うという行為を通じて起こっている。

先に挙げた、"until the blouse is buttoned up"は、イントロを観客が歌うことで初めて完成する構成にライブではアレンジされている。つまり、客が歌うことでその曲が初めて完全な形になる。

まとめると、BIGMAMAのライブは一体感を生み出すための工夫がなされているし、その姿勢こそが、BIGMAMAのライブが観客と作りだすイメージによるものだろう。

 

君がまたブラウスのボタンを留めるまで

君がまたブラウスのボタンを留めるまで

 

 

BIGMAMAとファンで作る王国

ボーカルの金井は、王子と呼ばれる。そのファンは王子を取り囲む国民だ。

BIGMAMAは、先のフェスでのタオル上げも含め、少しずつ自分たちの領土を広げて来た。

BIGMAMAのメインファン層はおそらく今、20代だろう。今の10代やさらに上の世代まで届くような可能性を、クラシックを取り入れたりさまざまな工夫を行ってきた彼らは持っていると思う。

 

彼らは今年、武道館を行う。

これから新しいアルバムや武道館を通じて、どのようにこの王国の領土を拡張していくのか、注目していきたい。

 

Fabula Fibula(初回限定盤)

Fabula Fibula(初回限定盤)

 

 

こちらの記事もオススメです


Mirrazのぼなぺてぃ!!!、おいしくいただけるのか?

音楽 The Mirraz

先日、The Mirrazは、『ぼなぺてぃ』というアルバムをリリースした。

アルバムタイトルは、フランス語の"bon appetit"からきている。

意味は、『たくさん召し上がれ』『美味しく召し上がれ』『食事を楽しんで』である。

このアルバムから見て、Mirrazの今、そしてアーティストが歌詞を解説することについて書く。

 

 

ぼなぺてぃっ!!!(初回限定盤)

ぼなぺてぃっ!!!(初回限定盤)

 

 

現在のMirrazは美味しくいただけるのか?

以前、こんなことをブログに書いた。

歌詞はミイラズ特有の同じ言葉の繰り返し個人的内容が戻ってきているような印象がある。だからこそ、音楽性は変化し続けても、本質的な魅力は失われていないと考える。

 

今回のアルバム、『ぼなぺてぃ!!!』は、まさに畠山の個人的な思いが全面に押し出されている。2曲の「世の中クソ!」なんて、タイトルからしてそうだ。

ただ、先のブログを書いたときよりも、なんだかこのことに対して半分嬉しくもあり、半分もやもやした気持ちを抱えている。

個人的なことにしかなっていない気がするのだ。

 

例えば、ハッピーアイスクリームでは、以下のような歌詞が出てくる

僕の目は君の顔見るためにあるように
君の耳は僕の声を聞くためにあるように
僕の両手は君を胸に抱くために
君の両足は僕に会いにくるために そんな風にあるといいな

引用:http://the-mirraz.com/?p=10288

これは畠山自身の妹について書いた曲だと言っているが、現状の理解から次への希望自分がこうだったらいいなという欲望がつまっている。

もしかしたら向上心とかいう言葉でまとめられるかもしれないが、そういうきれいなものじゃなくてミイラズの場合、欲望という方が正しいだろう。

この欲望にこそ魅了されてきた。

 

その欲望が、今回アルバム『ぼなぺてぃ!!!』の曲たちには少し見えにくい気もするのだ。

もちろん、すべての曲がダメだ!というわけではない、実際、過去の曲たちにもそういう現状に中指を立てる曲は多くあった。

ただ、とても漠然とした感想ではあるが、次の何かを見つけることがThe Mirrazとしても見つけられていない気がする。

 

だから、こう捉えることにした。

今回のアルバムは現状の精算である。

つまり、今はこういう現状だから、これを「たくさん召し上がれ」で食べて、消化して、排泄することで、次の栄養が生まれるのかもしれない。

 ベストアルバムが彼らの歴史を示すものであり、今回のアルバムは現状を表す。

そう考えると、赤裸々に書かれた歌詞がまた違って見えてくるのかもしれない。

 

アーティストが行う全曲解説

最後に少しだけ違う角度の話を書く。

今回のアルバムについて、全曲解説を畠山本人がInstagramでやっている。

https://www.instagram.com/p/BQU4fYqjfvd/

 

アーティストが自身の曲を全曲解説することは、なにも珍しいことではない。今までも音楽雑誌で行われてきた。それはあくまでこの曲に興味を持ってねという意味合いが多かった。要するに販売促進だ。

ただ、作家が作品を語ることは、作品の解釈の多様性を許さなくしてしまう可能性をはらんでいると言いたい。

簡単に言えば、アーティストが言うことが100%正しくて、それ以外は全て間違ってる、アーティストマジ神みたいなことだ。

 

就職活動である自己PRをうまくできる人がどれだけいるだろうか?

つまり、みな自分のことはよくわからない。

説明できることもあるし、その説明できることを超えたものを生み出している可能性もある。

だから、あまりアーティストの全曲解説だけを信じるなと言いたい。

 

この記事もオススメです

 

2016年公開の映画まとめ(後半)

シン・ゴジラ 君の名は。 この世界の片隅に 映画

2016年は、映画が久々に話題になった年だろう。

今回後編として、「シン・ゴジラ」「君の名は。」「この世界の片隅に」というヒット作についてまとめてみる。

 

 


シン・ゴジラ

今年の2大映画と言えば、「シン・ゴジラ」と「君の名は。」であろう。

このシン・ゴジラ」の魅力はさまざまな議論に耐えうることであろう。例えば、「震災映画としてのゴジラ」「防衛シミュレーションとしてのゴジラ」「特撮映画としてのゴジラ」「日本映画としてのゴジラ」などなど。

庵野秀明の過去の作品もそうだ。「エヴァ」や実写映画である「監督失格」などを含め、さまざまな議論を呼ぶ。

エヴァ」はTV版、旧劇、新劇場版などさまざまな展開が存在するにも関わらず、それぞれでかなりの数の解釈が存在する。

あまり有名ではないが、実写映画の「監督失格」は亡くなったAV女優のドキュメンタリーを当時、彼女と不倫していたAV監督が作成する過程を追った作品だ。その中で、「彼女が亡くなった」という現実と「ドキュメンタリー」というある意味虚構とも言えるものの構図をすでに示している。これが、「シン・ゴジラ」における「現実VS虚構」にもつながる話ではないか?と思える。

まだ、見ていない方は是非見ると、シンゴジラ並の衝撃を受けること間違いないです。

ちなみに、ユリイカという雑誌(正確にはムック)のシン・ゴジラ特集にもさまざまな専門家からの論評が書かれているので、オススメです。

 

監督失格

監督失格

 

 

君の名は。

君の名は。」について、過去のブログを読むと分かると思うが、わりと悲観的に見ていた。それは、過去作のが優れているし、好きだという個人的な意見に起因している。

けれども、震災という切り口で「君の名は。」を語ることには有意義ではないか。

過去記事にも書いたが別の切り口で書くなら、この作品は今忘れ去ろうとしている震災を本当に忘れていた少年が、少女と会うことで少女を救うという個人的な目的のために震災を思い出すという話にも見える。

つまり、「震災」という大きなくくりで考えるよりも、「個人の物語」にしない限りは忘れてしまうし、真剣に考えることはないというとてもシニカルな映画なのではないか、とも思う。

 



この世界の片隅に

今年最後の重要作品である「この世界の片隅に」。クラウドファンディングによる映画制作により徐々に口コミにより現在も上映館を増やしつつある。

戦争アニメ映画として「火垂るの墓」がある。火垂るの墓は戦争の戦いを中心に描く作品である。それに引き換え、「この世界の片隅に」は、日常の中で戦争に徐々に突入していく様子を示している。その様子は今年公開の映画「帰ってきたヒトラー」にも通ずる物がある。

2016年という戦後70年になって、やっと戦争というものを「ひどい」「かわいそう」という感情論ではなく、日常から忍び寄るものだという作品が注目を集め、描かれ始めてきた気がする。それだけでも、この映画には価値があるものなのではないかと思う。 

 

 

2016年まとめ

以上、今年見た映画をパっとまとめてみました。もちろん見れていない映画や過去作もさまざま名作がある。ただ、今年公開の映画を今年見るということは、その作品だけでなく、見た人の反応などに時代性を把握するのにものすごく重要なことだと思っている。

今、他の人が、何を、考えているのか?

それが分かることが映画館でやっている映画を今年見ることの意義ではないかと思う。

 

この記事もオススメです