サブカル備忘録

サブカル備忘録

アニメ、映画、音楽、本

「複製された男」から見る難解な映画

世の中には難解な映画が数多くある。

例えば、「複製された男」もその一つだ。僕自身、見終わった後、何一つわからなかった。

この記事は、もちろん難解な映画の解釈も含むが、難解な映画とは?という広い話も提示できたら、と思う。

なお、この記事はネタバレを含みますので、まだの方は見終わってから読むと良いです。ちなみに、Netflixで見れます。

 

 


基本的な解釈

まず、前提としてこの「複製された男」というタイトルはフェイクである。

洋画が日本に来る時に変な和訳を付けられることがある。この映画の原題は"ENEMY"である。

主人公は大学教授のアダム、自分とそっくりな俳優のアンソニーを見つけるところから話は始まる。

この二人こそがENEMYであり、アダムから見たアンソニーであり、アンソニーから見たアダムである。

 

ネット上の解釈では、このそっくりな二人は同一人物であるという解釈が主流なようだ

ジキルとハイドのような二重人格ではなく、この映画そのものが心象風景を描く手法のため、現実と夢の境目が曖昧な作品だと言える。

そう考えてみれば、納得できる箇所は多く存在する。

また、映画の中で度々出てくる蜘蛛も、何かの暗示と捉えられるだろう。

途中で出て来る蜘蛛は明らかにルイーズ・ブルジョワの「ママン」を意識しているだろう。六本木にある大きな蜘蛛の像といえばピンとくる人も多いと思う。

ママンという名前の通り、蜘蛛は映画の中で母親の象徴である。

この映画を見る上でのキーワードは、「人間の二面性映像は必ずしも真実ではない母親」ではなかろうか。

 

詳細な解説は、以下のリンク先に詳しくまとまっている。


映画に登場するビル群とそれが指すもの

この映画のもう一つの特徴は、映像で不気味に映るビルなどの建築物だ。

例えば、うねるような外観の高層ビル、アブソリュートタワーだ。

このビルは別名、マリリンモンロービルと呼ばれている。

その理由はビルのシルエットが女性の柔らかさに見えるからである。


この映画には、このビルのカットが多く出てくる。

これは、女性がこの映画にとってキーになるからではないか。

蜘蛛=母親の象徴ということを踏まえると、母親になろうとする女性(ヘレン)母親になれない不倫してしまう女(メアリー)の対比も見えてくる。

 

難解な映画の謎解き

大半の「難解」と言われる映画は、解釈を観客にゆだねるスタイルである。つまり、正解が示されない。

これは、「難解」というよりも自由に考えられる映画だと捉えることもできるのではないだろうか?

コナンくんのように真実は一つと明らかにすることも重要だが、多様な解釈ができる映画もまた魅力的だと思う。

 

こちらの記事もオススメです

BIGMAMAという王国

BIGMAMAというバンドがいる。彼らはボーカル、ギター、ベース、ドラム、バイオリンからなる5人組ロックバンドだ。

ひと目で分かる、他のバンドとの違いは、バイオリンがいることだろう。だが、今回はそういう形だけの話ではなく、BIGMAMAのライブやファンについて書く。

 

 

The Vanishing Bride (初回限定盤)

The Vanishing Bride (初回限定盤)

 

 

BIGMAMAのライブで歌うことはオタ芸である

彼らのライブの特徴は一体感を生み出すことだ。

例えば分かりやすいのは、"until the blouse is buttoned up"という曲におけるタオル上げだ。

 

 

この曲のイントロで、王子はタオルをあげるように言う。フェスであればどんなアーティストのタオルでもいいからともかく挙げろと言われる。つまり、同じ行為をさせることで一体感を与える。これは、フェスで一体感とか言われるはるか昔からBIGMAMAがやってきたことだ。

 

もう一つ、BIGMAMAのライブにおける一体感を生み出す特徴は、お客さんが歌うパートがいくつかの曲に見られる。これは何もBIGMAMAのライブに限らず、多くのライブで見られる。

例えば、アイドルで考えれば分かりやすいだろう。アイドルにはヲタ芸がある。あのオタ芸は、アイドルとの共犯関係を生み出している。アイドルの現場でファン同士が親密であるのは、このオタ芸によりライブという体験を共感しているからだ。

 

これと同じことが、BIGMAMAのライブでは、歌うという行為を通じて起こっている。

先に挙げた、"until the blouse is buttoned up"は、イントロを観客が歌うことで初めて完成する構成にライブではアレンジされている。つまり、客が歌うことでその曲が初めて完全な形になる。

まとめると、BIGMAMAのライブは一体感を生み出すための工夫がなされているし、その姿勢こそが、BIGMAMAのライブが観客と作りだすイメージによるものだろう。

 

君がまたブラウスのボタンを留めるまで

君がまたブラウスのボタンを留めるまで

 

 

BIGMAMAとファンで作る王国

ボーカルの金井は、王子と呼ばれる。そのファンは王子を取り囲む国民だ。

BIGMAMAは、先のフェスでのタオル上げも含め、少しずつ自分たちの領土を広げて来た。

BIGMAMAのメインファン層はおそらく今、20代だろう。今の10代やさらに上の世代まで届くような可能性を、クラシックを取り入れたりさまざまな工夫を行ってきた彼らは持っていると思う。

 

彼らは今年、武道館を行う。

これから新しいアルバムや武道館を通じて、どのようにこの王国の領土を拡張していくのか、注目していきたい。

 

Fabula Fibula(初回限定盤)

Fabula Fibula(初回限定盤)

 

 

こちらの記事もオススメです


Mirrazのぼなぺてぃ!!!、おいしくいただけるのか?

先日、The Mirrazは、『ぼなぺてぃ』というアルバムをリリースした。

アルバムタイトルは、フランス語の"bon appetit"からきている。

意味は、『たくさん召し上がれ』『美味しく召し上がれ』『食事を楽しんで』である。

このアルバムから見て、Mirrazの今、そしてアーティストが歌詞を解説することについて書く。

 

 

ぼなぺてぃっ!!!(初回限定盤)

ぼなぺてぃっ!!!(初回限定盤)

 

 

現在のMirrazは美味しくいただけるのか?

以前、こんなことをブログに書いた。

歌詞はミイラズ特有の同じ言葉の繰り返し個人的内容が戻ってきているような印象がある。だからこそ、音楽性は変化し続けても、本質的な魅力は失われていないと考える。

 

今回のアルバム、『ぼなぺてぃ!!!』は、まさに畠山の個人的な思いが全面に押し出されている。2曲の「世の中クソ!」なんて、タイトルからしてそうだ。

ただ、先のブログを書いたときよりも、なんだかこのことに対して半分嬉しくもあり、半分もやもやした気持ちを抱えている。

個人的なことにしかなっていない気がするのだ。

 

例えば、ハッピーアイスクリームでは、以下のような歌詞が出てくる

僕の目は君の顔見るためにあるように
君の耳は僕の声を聞くためにあるように
僕の両手は君を胸に抱くために
君の両足は僕に会いにくるために そんな風にあるといいな

引用:http://the-mirraz.com/?p=10288

これは畠山自身の妹について書いた曲だと言っているが、現状の理解から次への希望自分がこうだったらいいなという欲望がつまっている。

もしかしたら向上心とかいう言葉でまとめられるかもしれないが、そういうきれいなものじゃなくてミイラズの場合、欲望という方が正しいだろう。

この欲望にこそ魅了されてきた。

 

その欲望が、今回アルバム『ぼなぺてぃ!!!』の曲たちには少し見えにくい気もするのだ。

もちろん、すべての曲がダメだ!というわけではない、実際、過去の曲たちにもそういう現状に中指を立てる曲は多くあった。

ただ、とても漠然とした感想ではあるが、次の何かを見つけることがThe Mirrazとしても見つけられていない気がする。

 

だから、こう捉えることにした。

今回のアルバムは現状の精算である。

つまり、今はこういう現状だから、これを「たくさん召し上がれ」で食べて、消化して、排泄することで、次の栄養が生まれるのかもしれない。

 ベストアルバムが彼らの歴史を示すものであり、今回のアルバムは現状を表す。

そう考えると、赤裸々に書かれた歌詞がまた違って見えてくるのかもしれない。

 

アーティストが行う全曲解説

最後に少しだけ違う角度の話を書く。

今回のアルバムについて、全曲解説を畠山本人がInstagramでやっている。

https://www.instagram.com/p/BQU4fYqjfvd/

 

アーティストが自身の曲を全曲解説することは、なにも珍しいことではない。今までも音楽雑誌で行われてきた。それはあくまでこの曲に興味を持ってねという意味合いが多かった。要するに販売促進だ。

ただ、作家が作品を語ることは、作品の解釈の多様性を許さなくしてしまう可能性をはらんでいると言いたい。

簡単に言えば、アーティストが言うことが100%正しくて、それ以外は全て間違ってる、アーティストマジ神みたいなことだ。

 

就職活動である自己PRをうまくできる人がどれだけいるだろうか?

つまり、みな自分のことはよくわからない。

説明できることもあるし、その説明できることを超えたものを生み出している可能性もある。

だから、あまりアーティストの全曲解説だけを信じるなと言いたい。

 

この記事もオススメです