サブカル備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル備忘録

アニメ、映画、音楽、本

モテるための音楽、モテないバンド

バンドマンはチャラい。

「バンドを始めたきっかけ?あぁ、モテるためです」

よくバンドマンがこう答える。けれども、果たしてバンドはモテるのだろうか?

 

 

モテるための音楽

結論を先に言えば、モテるために音楽をやるならEXILEに入ることだ。確実にモテる。おそらくきっと多分絶対モテる。

サブカル界隈においてモテるに関係する作品といえば、まず思い浮かぶのが『モテキ』だ。

あれはさえないサブカル野郎の藤本幸雄がある日突然モテはじめる話だ。ただ、あの作品の中でヒロインとの出会い方は、空から降ってくるわけでもなければ、曲がり角でぶつかるわけでもない。何てことはない、幼馴染や中学の同級生、以前の会社の同僚など今まで知り合いだった人からモテるようになる。

つまり、藤本幸雄はいくつかのモテるための種を持っていて、それが同タイミングで発芽したのだ。そこがあのマンガのリアルさであるし、共感できるポイントだ。

モテキ的なモテ方とは、現実的に考えればハーレムを築くことではなく、以前から友達ないし知り合いから好意を抱かれることなのだ。

モテキ(1) (イブニングコミックス)

モテキ(1) (イブニングコミックス)

 

ここがEXILE的なモテ方とは異なる。

つまり、あれはメジャーになるからこそ、自身のブランド力が上がり、漠然としてモテるようになり、結果として可愛い女の子に出会える確率が上がるという仕組みだ。広告会社の人がモテるとかも同じエグザイル理論だ。

 

バンドマンはかっこ良くないけどモテる。

さて、ブランド力の向上によりモテるEXILE理論については見てきた。けれどもこの話は多くのバンドマンには当てはまらない。

では、最初のバンドマンが言っていた「モテたい」とは、なにか?

モテたいから音楽を始めるならモテる対象はファンだ。ただ、このファンというのは彼らが好きなのではなく、彼らの音楽を含めて好きなのだ。というよりも、むしろ演奏してる姿が好きなのだ。

 

基本的に音楽が評価されているバンドマンは容姿が決して淡麗ではない。わーきゃー、かっこいい、というのはバンドマンの容姿に対してはほぼありえない。もし、そうであるならば、バンドをやらないでモデルをやるべきだ、タレントになるべきだ

 

川谷絵音がニュースに取り上げられた中で、あんなモヤシみたいなのどこがいいのかわからないという意見を2chTwitterでよく見た。

そのモヤシみたいというのは全くもって間違ってない。だか、それでも僕が川谷絵音はかっこいいと思うのは、彼の音楽を知っているからだ。演奏する姿を知っているからだ。つまり、ネットの彼ら彼女らのディスは的外れなのだ。というか合ってるが何も本質をついてない。

アーティストはアーティストでなければカッコ良くない。

 

モテキ

モテキ