サブカル備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル備忘録

アニメ、映画、音楽、本

The Mirrazは本当にオワコンバンドなのか?

The Mirrazのベストアルバム「BEST!BEST!BEST!」とミニアルバム「そして、愛してるE.P.」が発売された。ただ、連日投稿される彼らのLINEBLOGには、「売れたいけど売れてない」という悲痛な現実が書かれている。Voの畠山は、以前から「売れたい」と発言している。本当にミイラズがオワコンバンドになってしまったのかについて考える。

 

 

BEST! BEST! BEST!

BEST! BEST! BEST!

 

 

攻撃的だけじゃないMirrazらしさ

世間が考えるThe Mirrazらしさとは、攻撃的な歌詞と言葉数の多さだ。例えば、「check it out! check it out! check it out! check it out!」では以下の言葉から始まる。

あー曲が生まれないって出来たのがこの曲

決してパクリじゃございません

そんな裏話はロッキンオンで言えばいいって?

そうです僕はただの泥棒です

シャムネコチシャネコ泥棒猫

もうなんとでもお気に召すままにお呼びくださいませ

オラを馬鹿にするのはかまいません

でもファミリーへの罵声は許しません

この歌詞を見ると攻撃的であり、権力に噛み付くような印象を受ける。ただ、その攻撃性は本質ではないと思う。

The Mirrazの歌詞は、畠山自身の個人的な内容が多い。それこそがMirrazらしさだと思っている。先のcheck it outの歌詞は、読むだけで「あぁ、この人ムカついてるんだな」という事がわかる。この分かりこそが共感につながる。

 

話は変わるが、ある番組の公開収録の中で星野源が「共感はいらない」という話をしていた。「共感なんてしてほしくて書いてもらってるわけじゃないし、むしろ勝手にリスナーが共感してるだけだ。だからこそ、そういう共感に寄った歌詞は書きたくない」という話だった。ちなみに、今の世間的な星野源のイメージは、彼がわざとポップなキャラクターを演じて収入を得るプロ童貞のような立ち振舞をしているから成り立つものであるが、そこについてはまた後日書きたいと思う。

話を戻すと、The Mirrazの魅力は「個人的なことをありのままに歌っていること」であると考える。 

 

メジャーとか、インディーとか

バンドが売れてくると「ファンのために」と称して一般的なふわっとしたメッセージを言うバンドが多くなる。これがメジャー的なバンドとインディーズ的なバンドの違いだと思っている。これは、もはや陰謀論的に言われている「メジャーによる縛り」なのかもしれないがその辺は関係者でないので分からない。ここでミイラズのブログから引用すると、

ちなみにこの曲、最初の歌詞がメジャーからだとリリース出来ないって言われて変更しています。メジャーの歌詞の制限をかなり感じ始めました。まぁだいぶ攻めてたしね…。あと、歌詞が個人的すぎるからダメとかも言われたなぁ。うーん、ミイラズって個人的な歌詞が多いんだけどなーそれがなくなったらミイラズの意味ないんじゃ?と思いました。

The Mirraz 公式ブログ - ベストアルバム解説的な その2 - Powered by LINEより引用

 

個人的すぎるからダメというのは、ほぼミイラズの良さを去勢してしまっている事になっている。これにより、ミイラズはあまり個人的な歌詞を書くことができなくなり、なかなか良さを発揮することができなくなってきたのだ。その間に歌詞ではなく、音楽的アプローチを多く試みているが、リスナーは難しい音楽の話よりキャッチーなものに反応するため、なかなかこのアプローチはヒットには繋がらなかった。

 

ミイラズは今後どうなる?

そんな経緯を経て現在、ミイラズはメジャーから自主レーベルと言うかたちでインディーズ的な活動に戻った。そこで発表されたシングルがこれである。

そして、愛してる E.P.

そして、愛してる E.P.

 

 

本作は、ある意味今までのミイラズとは音楽性は異なる。が、歌詞はミイラズ特有の同じ言葉の繰り返し個人的内容が戻ってきているような印象がある。だからこそ、音楽性は変化し続けても、本質的な魅力は失われていないと考える。

だから、声を大にして言いたいのは、The Mirrazはオワコンバンドではない」ということだ。

 

こちらの記事もオススメです