サブカル備忘録

サブカル備忘録

アニメ、映画、音楽、本

BIGMAMAという王国

BIGMAMAというバンドがいる。彼らはボーカル、ギター、ベース、ドラム、バイオリンからなる5人組ロックバンドだ。

ひと目で分かる、他のバンドとの違いは、バイオリンがいることだろう。だが、今回はそういう形だけの話ではなく、BIGMAMAのライブやファンについて書く。

 

 

The Vanishing Bride (初回限定盤)

The Vanishing Bride (初回限定盤)

 

 

BIGMAMAのライブで歌うことはオタ芸である

彼らのライブの特徴は一体感を生み出すことだ。

例えば分かりやすいのは、"until the blouse is buttoned up"という曲におけるタオル上げだ。

 

 

この曲のイントロで、王子はタオルをあげるように言う。フェスであればどんなアーティストのタオルでもいいからともかく挙げろと言われる。つまり、同じ行為をさせることで一体感を与える。これは、フェスで一体感とか言われるはるか昔からBIGMAMAがやってきたことだ。

 

もう一つ、BIGMAMAのライブにおける一体感を生み出す特徴は、お客さんが歌うパートがいくつかの曲に見られる。これは何もBIGMAMAのライブに限らず、多くのライブで見られる。

例えば、アイドルで考えれば分かりやすいだろう。アイドルにはヲタ芸がある。あのオタ芸は、アイドルとの共犯関係を生み出している。アイドルの現場でファン同士が親密であるのは、このオタ芸によりライブという体験を共感しているからだ。

 

これと同じことが、BIGMAMAのライブでは、歌うという行為を通じて起こっている。

先に挙げた、"until the blouse is buttoned up"は、イントロを観客が歌うことで初めて完成する構成にライブではアレンジされている。つまり、客が歌うことでその曲が初めて完全な形になる。

まとめると、BIGMAMAのライブは一体感を生み出すための工夫がなされているし、その姿勢こそが、BIGMAMAのライブが観客と作りだすイメージによるものだろう。

 

君がまたブラウスのボタンを留めるまで

君がまたブラウスのボタンを留めるまで

 

 

BIGMAMAとファンで作る王国

ボーカルの金井は、王子と呼ばれる。そのファンは王子を取り囲む国民だ。

BIGMAMAは、先のフェスでのタオル上げも含め、少しずつ自分たちの領土を広げて来た。

BIGMAMAのメインファン層はおそらく今、20代だろう。今の10代やさらに上の世代まで届くような可能性を、クラシックを取り入れたりさまざまな工夫を行ってきた彼らは持っていると思う。

 

彼らは今年、武道館を行う。

これから新しいアルバムや武道館を通じて、どのようにこの王国の領土を拡張していくのか、注目していきたい。

 

Fabula Fibula(初回限定盤)

Fabula Fibula(初回限定盤)

 

 

こちらの記事もオススメです