サブカル備忘録

サブカル備忘録

アニメ、映画、音楽、本

2016年公開の映画まとめ(前半)

2016年は映画やドラマ、アニメが盛り上がった年と言える。

それは「君の名は。」のようなアニメから、特撮の「シン・ゴジラ」、ドキュメンタリーの「FAKE」などジャンルなど関係ないかのようにヒットが連発した。

公開となった映画について、年代順に振り返ってみる。

 

 

レヴェナント:蘇りし者

レオナルドディカプリオがやっとアカデミー賞を取れた作品である。

この作品は、レオ様がここまでやらないと行けないのかというくらい悲惨な状況になるが、屈強な肉体がそれを乗り越えるというアメリカ的な強さが描かれている。

これは、今年の大事件であるトランプ大統領爆誕と大きく関係がある。詳細は以下の過去記事を参考に。 

また、来年以降、トランプ自体が新たなスーパーヒーローになれるのか、それともマッチョなスーパーマンにしかなれないのか、というのは注目どころだ。

  

ズートピア 

本作は、動物世界の多様性を比喩的に見せることで、人間社会多様性の訴える作品である。

けれども、ここで注目したいのは、ストーリーよりもディズニーという子供向けのアニメを作っていた会社が、本作では明らかに大人を意識した作品を作ってきた。

先進国が高齢化社会と言われる中で、子供向けの作品を作るよりも大人向けのビジネスに転換するのは当然の流れである。これは、スター・ウォーズというコンテンツをディズニーが買ったことにもつながる。

子どもにはキャラクターが可愛ければストーリーとかどうでもいいでしょ?というような思考が見えるような気もするが、ディズニーは今後この路線で行くのか、来年以降も注視していきたい。

 

リップヴァンウィンクルの花嫁

本作は岩井俊二監督最新作である。

岩井監督といえば、少女漫画的な映画だと言われる事が多い。

本作でも女性同士の友情とも恋愛とも見れるような世界観が繰り広げられる。

深夜アニメなどで取り上げられる百合要素は、どちらかと言えば男性視聴者向けのご褒美的意味合いが強い。けれども、本作の二人の関係は同性間の友情の延長として恋愛関係に至る。

ただ、この作品の一番の魅力は「恋愛のようなもの」に徹するところであり、あいまいな関係こそが儚く美しいという感覚がずっとある。

同じく、 今年は「キャロル」や「リリーの全て」など同じくLGBTについて扱った作品があるので、本作と見比べるのも面白いだろう。

 

帰ってきたヒトラー

「もしヒトラーが現代に復活したら?」というフィクションと、実際に街頭インタビューやネオナチへのインタビューというドキュメント的な側面を持つ作品だ。

本作は原作の小説を元に映画化されたものだが、単に作品をそのままなぞって映像化するだけではない。

小説の主張を強めるためにドキュメント部分が存在し、新しい小説の映像化の可能性を見られる作品でもある。

 また、過去にも少しだけ違う観点から書いたので参考までに。


FAKE

こちらはオウム真理教やミゼットプロレスなどタブーと言われるものを撮り続けてきた森達也監督の最新作である。被写体は、世間を賑わせた佐村河内守

佐村河内守への密着が元になっているが、果たしてドキュメントとは相手の気持を考えて、相手を支援するような映像を撮るものなのか、はたまた相手を非難する映像を撮るものなのか、という疑問を投げかける作品でもある。

「中立な報道」という言葉はこの映画を見た後では決して言えなくなる。

FAKE ディレクターズ・カット版 [DVD]

FAKE ディレクターズ・カット版 [DVD]

 

 

後半は、「シンゴジラ」「君の名は。」「インフェルノ」「この世界の片隅に」について書きます(予定)

 

 

RADWIMPS「人間開花」レビュー

11月23日、RADWIMPSのニューアルバム人間開花が発売された。RADWIMPSを取り巻く環境には様々な変化があった。ドラムの山口智史の病気療養が最も大きな変化だろう。それを経たニューアルバムについて書いていく。

 

 

人間開花(通常盤)

人間開花(通常盤)

 

前前前世[original ver.]」とBUMP OF CHICKEN

まず、「前前前世」について語らないと始まらないだろう。「君の名は。」の挿入歌として知らない人はいないくらい有名な曲になったわけだが、このアルバムにはオリジナルバージョンが収録されている。

 映画バージョンとの違いは、オリジナルの方が歌詞が追加されている。この文章がとてもRADWIMPSとはどんなバンドかを象徴している。

君以外の武器は、他にいらないんだ。

RADWIMPS 前前前世[original ver.]より歌詞の一部

 

ここで分かりやすくBUMP OF CHICKENと比較してみる。BUMPは、ボクが不特定多数のキミの側にラフメーカーとして行ってあげるからドアを開けて!というバンドだ。

それに対して、RADは、総理大臣になったらキミ(彼氏or彼女)の誕生日を祝日にしようと歌うバンドなのだ。

 

つまり、極端に言えば、例えみんな滅びたとしても、ボクとキミの世界が一瞬でもあれば他はいらないという世界観を描いてきたのがRADWIMPSなのだ。このような考え方をよくセカイ系という言葉で呼んだりする。

このRADWIMPSのエゴとも言える歌詞の部分が映画バージョンでは削除されている。それはこの「君の名は。」という映画が、みんなを救うための映画だからだ。だからこそ、ボクとキミだけが残る世界観が強くなりすぎるこの歌詞は合わなかったのだ。

 

「アメノヒニキク」とサカナクション

RADWIMPSは「君の名は。」の劇伴を作成する中で、新海誠監督から見たRADWIMPSっぽさに触れたという話をインタビューでしている。それは今回のアルバムにも大きく反映している。

例えば、アルバム収録曲のアメノヒニキク。これは、今までのRADWIMPSではやり得なかったいくつもの手法が取り入れられている。

今日は灰色

今日は灰色

僕は水色の中に

 RADWIMPS アメノヒニキクより歌詞の一部

その一つは歌詞の繰り返しだ。もちろん今までもあったが、何かしら同音異義語など音は同じでも意味の違いを生んできていた。しかし、今回はほぼ同じ単語を繰り返す。

それは、サカナクション的な手法とも言える。というか、この曲はとてもサカナクション的なのだ。だが、決してパクリではなく、サカナクションRADWIMPSが取り入れたらこうなりますという曲になっている。それこそが、外から見たRADWIMPSを意識して、他と掛け算するというプロデューサー的な視点を野田洋次郎が持ったことで生まれた曲なのではないか。

 

RADWIMPSは歌詞の世界観が評価され、日本語詞を進化させたと言われている。その進化によって生まれたバンドからRADがさらに影響を受けて出来上がっている曲なのである。比喩的に言うならば、RADWIMPSが巻いた種が成長して出来た野菜を収穫して、RADが料理しに来たと言うこともできるのではないか。

 

「告白」と「独白」

このアルバムの最後の曲「告白」。Twitterなどを見ると結婚式でかけてほしいなどよく見る。けれども、これは最初に聴いたとき、これは智史のための曲なのでは?と感じた。そして、この普通とは異なるこの解釈が面白いと思っている。

君の未来に、僕の姿を 見るようになったのはいつからだったでしょう

 RADWIMPS 告白より歌詞の一部

RADのシュプレヒコールというシングルの中の「独白」という曲がある。この曲は、「ほぼ音がない状態で、洋次郎からメンバーひとりひとりとRADWIMPSというバンドに向けたラブレターだ。そんな一曲をかけて愛をメンバーに語るような洋次郎が、智史に曲を書いても不思議ではない。

そういう視点で歌詞を見てみると、RADWIMPSとしてよりも野田洋次郎個人としての山口智史への思いが強く感じ取れる。

ちなみに、このアルバムの最後にメンバーの記載にちゃんと4人載っている。そこからも、ただ演奏したいという目的で結成されたRADWIMPSが、バンドとしてだけでなく一つの運命共同体になっているという印象を受けた。 

 

『RADWIMPS5』をそろそろ出しても良いのでは?

ここまで曲を通じて、RADWIMPSの変化について考えてきた。このアルバムを聞いて思うのは、そろそろRADWIMPS5を出しても良い頃なのではないかと思う。RADWIMPS1~4という4つのアルバムが初期のアルバムであるが、今回のアルバムでは、ミドルテンポの「週刊少年ジャンプ」や全英詞の「Lights go out」などそれらアルバムの中の雰囲気を残しつつ新しい曲が多くある。

だからこそ、進化した状態で、RADWIMPS5を出してほしい。次のアルバムは是非そうなって欲しい。

 

人間開花(初回限定盤)(DVD付)

人間開花(初回限定盤)(DVD付)

 

 

こちらの記事もオススメです

「レヴェナント;蘇りしもの」は、新たなスーパーヒーロー映画か?

2016年は映画が話題になることが多かった。「君の名は」や「シン・ゴジラ」がその2大巨塔であろう。ただ、興行収入を見ると圧倒的に「君の名は。」ブームである。未だに映画館が満席になっている。君の名は。シン・ゴジラについては過去に書いたので、それ以外でヒットした2016年公開映画について書く。

今回は、19世紀のアメリカ開拓時代を舞台としたレオナルド・ディカプリオ主演「レヴェナント:蘇りしもの」について、ネタバレなしで、今の大統領選挙も踏まえ書いていく。

 

 

とにかく死なない映画

この映画を1言で説明するなら、レオナルド・ディカプリオがとにかく死なない映画だ。

熊に襲われ、先住民に狙われ、吹雪におそわれ、裏切り者におそわれ、でも死なない。スーパーマンやバッドマン、スパイダーマンよりも圧倒的に過酷な状況でも死なない。笑ってしまうくらい強い人物として描かれている。

このレオ様の強さを印象づけているのは、圧倒的な映像と音楽だ。

まず、映像は、ライトをほぼ使わず、自然光の下で撮影されている。だからこそ、もちろん夜のシーンなどは暗くて見えづらい。しかし、そのシーンがあるからこそ、朝焼けはより鮮やかに映るし、吹雪での雪の白さは圧倒的な色味を出すのだ。

また、坂本龍一が手がけた音楽も主人公が陥った状況の残酷さを強めている。自然の生の音を邪魔しない音楽であり、風景からインスピレーションを受けて制作されたかのような完璧な音楽がさらに映画を彩っている。

 

悲劇のスター レオナルド・ディカプリオは、ヒーローになるのか?

主演のレオナルド・ディカプリオは、言うまでもなくアメリカのムービースターである。しかし、タイタニックアカデミー賞を取れず、本作で受賞するまで5度も逃している悲劇のスターでもある。

そんなムービースターを本作では、圧倒的敗北感のある世界へと突き落とした。それにより、彼をヒーローに昇華させることが出来た。彼だからこそ、悲劇がより悲劇的に見えるし、一度やられることでカウンター的な強さを強調することができる。

また、この作品の監督は「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」という作品も手がけており、こちらでもアカデミー賞を受賞している。こちらの作品は、昔、バードマンというスーパーヒーローを演じた落ち目の俳優にまつわる物語である。

これも考えると、本作は、アベンジャーズのようにヒーロー同士が決してつるまない、あたらしいスーパーヒーロー映画であるといえる。

 

「レヴェナント;蘇りしもの」とトランプ支持者

アメリカはかつて、スーパーマンスパイダーマンのような完全なる正義の味方を欲していた。しかし、ベトナム戦争イラク戦争などを経て本当に悪い人はいるのか?という疑問が国内では生まれてきた。

その結果、オバマという、ブッシュに比べるとヒーローっぽくない民衆よりの大統領が生まれたのだろう。

このレヴェナントという作品は、レオナルド・ディカプリオという誰しもが知っている俳優の悲劇の境遇と物語をリンクさせ、何にも屈しない強いスーパーヒーローを再びアメリカに戻そうという作品ではないだろうか?

だからこそ、この映画は、今の大統領選挙におけるトランプ支持を予期させるような流れに似ているのでは?と思う。

 

 

こちらの記事もオススメです