サブカル備忘録

サブカル備忘録

アニメ、映画、音楽、本

アニメ

3月のライオンはどこへ向かうのか?

以前、3月のライオンについてこんなことをこのブログに書いた。 羽海野チカは、ハチクロの「ボクとキミの閉じられた恋愛観」から、3月のライオンの集合として愛し愛されるような「擬似家族的なつながり」を描くようになったのだ。 疑似家族的なつながりを強…

ハチクロから3月のライオンへの変化とは?

恋愛マンガだけじゃないハチクロ ご近所マンガとしての3月のライオン ハチクロから3月のライオン、そして 恋愛マンガだけじゃないハチクロ ハチミツとクローバーは、美大を舞台とした学生達の生活を中心としたマンガである。主人公の竹本祐太は、ある日大学…

SFとすこしフューチャー

2112年の日本はどうなっているのか? フィクションが先か、リアルが後か? うそのSFがホントになる未来 2112年の日本はどうなっているのか? 2112年の日本では、東京でのオリンピックなどとうの昔になっており、そこには高度な管理監視社会が形成されている…

昔のクリープハイプはよかった?

あのバンドはもう終わった。なぜ終わった? 「裕介」と「しんのすけ」 世界観は裕介に戻るのか あのバンドはもう終わった。なぜ終わった? 邦楽ロックというジャンルにハマっている人たちの話を聞くと、「昔はよかった」「メジャーになった直後はよかったが…

「まどか☆マギカ」を難しそうに語ること

難しそうな映画こと2001年宇宙の旅 まどマギと2001年宇宙の旅の共通点 まどマギがヒットした理由 難しそうな映画こと2001年宇宙の旅 むずかしい話は批判されにくい。 「難しくてよくわからない話でした」という感想は、単に理解力がないだけのように思われが…

新海誠は、なぜ評価されるのか?

2016年8月に新海誠監督作品「君の名は。」が上映される。 「君の名は。」は、日本を代表するアニメーション監督である新海誠の最新作である。彼の経歴を振り返ると、自主制作でアニメを作り始め、それが評価されさまざまな作品を手がけ、今に至っている。代…

気軽さと気楽さ

・気軽にウケルもの ・気楽にウケるもの 音楽にしても映画にしてもこの二つがメジャーになりやすい 確立された世界観があるものはその分だけコミットしにくいし、いわゆる新規で入っていくのが難しい 例えば、ゲームは顕著だ。町中でこのゲームをやってくだ…